円山派「円山応挙画系」本家 円山慶祥・真祥

円山慶祥 画歴

1947年
京都市に生まれる(本名 駒池慶子)
1954~1960年
西川 純に学ぶ <西川 純:浅井 忠に師事し関西美術院に所属>
1963年
縁戚関係にあたる円山応祥(国井)に師事 <円山応挙第7世 円山応祥:国井応陽に師事し後に山元春挙に学ぶ>
1967年
京都成安女子短期大学意匠科卒業(ヴィジュアルデザイン科)
1981年
応祥より「慶祥」の雅号を頂く
1981年
応祥没す
1986年
兵庫県香住町 亀居山大乗寺(応挙寺)本堂 位牌堂天井絵 「天舞四季花瑞鳥図」 制作奉納
1988年
大乗寺本堂 位牌堂 位牌壇地袋 「蓮池図」 制作奉納
1994年
円山応挙没後200年記念「駒池慶祥展」を開催 (香住町「但馬・理想の都の祭典」主催)
1995年
京都市東山 都ホテルにおいて「第2回 駒池慶祥展」を開催
1999年
京都府京都文化博物館において「円山派直系 駒池慶祥・弟子真祥展」を開催(亀居山大乗寺 後援)
2000年
円山慶祥 襲名
2001年
京都市勧業館みやこめっせにおいて 雅号命名20周年及び円山襲名披露記念展「円山慶祥・弟子真祥展」を開催
2003年
京都文化博物館において綾部市塩岳山楞巌寺本堂天井絵「瑠璃光華曼荼羅図」制作披露
「円山慶祥・真祥展」を開催
綾部市塩岳山楞巌寺本堂ならびに天井絵「瑠璃光華曼荼羅図」落慶法要
2004年
悟真寺信徒として円山応挙の追善菩提の供養を引き受ける
円山応挙の墓について、墓碑銘「源應擧墓」の刻は妙法院宮真仁法親王の筆による
2005年
円山応挙と一門によって描かれた「三井家伝来 圓山派衣裳画」の代表作、『波濤に飛鶴』を亀居山大乗寺(応挙寺)に寄進
2007年
東京銀座 文藝春秋画廊に於いて「円山慶祥・弟子真祥展」を開催
2008年
京都文化博物館において「祝 源氏物語千年紀 円山慶祥・弟子真祥」展を開催
2009年
平成21年1月から平成22年3月末迄
文化女子大学文化ファッション研究機構客員研究員として、きもの制作における円山応挙の役割に関する研究に対する助言を行う。
2013年
終南山善導院悟眞寺本堂内陣格天井に「極楽浄土寶華図」を制作
2017年
7月 終南山善導院悟眞寺に襖絵「四季三余図」 23枚 制作・奉納

円山真祥 画歴

1971年
京都市に生まれる(本名 駒池 真)
1991年
駒池慶祥に師事
1996年
嵯峨美術短期大学専攻科 日本画科卒業
1997年
真祥の雅号を頂く
1999年
京都府京都文化博物館において「円山派直系 駒池慶祥・弟子真祥展」を開催(亀居山大乗寺 後援)
2001年
京都市勧業館みやこめっせにおいて 雅号命名20周年及び円山襲名披露記念展「円山慶祥・弟子真祥展」を開催
2003年
京都文化博物館において綾部市塩岳山楞巌寺本堂天井絵「瑠璃光華曼荼羅図」制作披露
「円山慶祥・真祥展」を開催
綾部市塩岳山楞巌寺本堂ならびに天井絵「瑠璃光華曼荼羅図」落慶法要
2004年
悟真寺信徒として円山応挙の追善菩提の供養を引き受ける
円山応挙の墓について、墓碑銘「源應擧墓」の刻は妙法院宮真仁法親王の筆による
2005年
円山応挙と一門によって描かれた「三井家伝来 圓山派衣裳画」の代表作、『波濤に飛鶴』を亀居山大乗寺(応挙寺)に寄進
2007年
東京銀座 文藝春秋画廊に於いて「円山慶祥・弟子真祥展」を開催
2008年
京都文化博物館において「祝 源氏物語千年紀 円山慶祥・弟子真祥」展を開催
2009年
平成21年1月から平成22年3月末迄
文化女子大学文化ファッション研究機構客員研究員として、きもの制作における円山応挙の役割に関する研究に対する助言を行う。
2013年
終南山善導院悟眞寺本堂内陣格天井に「極楽浄土寶華図」を制作
2017年
7月 終南山善導院悟眞寺に襖絵「四季三余図」 23枚 制作・奉納

円山派直系画系図

浄土宗終南山善導院悟眞寺について

こだわり1

浄土宗終南山善導院悟眞寺(通称:悟眞寺)は、京都太秦にあり、円山応挙、応瑞、応震、応立、応誠の墓がある事でも知られている。

三井家伝来圓山派衣裳画について

三井家伝来圓山派衣裳画は三井北家10代三井高棟より圓山派7世円山応祥に譲渡された原寸大の小袖の衣裳下絵である。
その後円山応祥から縁戚関係のあった円山慶祥の実母と円山慶祥より亀居山大乗寺に19件を寄進した。